シミ 紫外線

シミの原因はやっぱり紫外線!紫外線を浴びシミができるまでの仕組み

シミの原因・理由について

 

紫外線には有害な物質が含まれていることが分かり、最近では
子供から大人までUV対策をしている方が増えました。
紫外線をたくさん浴びると肌トラブルの原因になりますが、
具体的にはどのようなトラブルのもとになるのでしょうか。

 

紫外線を浴びることで日焼けをしますが、それ以外にも
シミを増やす原因にも。
紫外線を浴びるのがシミの原因になるのは、どういった
メカニズムによるものなのでしょうか。

 

シミの原因にはほかにもありますが、紫外線は特に大きな原因。
それはなぜなのか、こちらの記事で紹介をしています。
シミの原因、紫外線が肌にどのような影響を及ぼすのかまとめました。

 

シミが最近増えた気がする。
紫外線の肌への影響が気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

美肌を目指すためのヒントとして、参考になれば幸いです。

 

シミと紫外線の関係と原因について

 

シミの原因・理由について

 

シミの原因はメラニン色素

 

シミの主な原因はメラニン色素が皮膚に沈着することです。
メラニン色素を増やす原因になるのが紫外線の影響です。

 

シミとメラニン色素について

 

皮膚に紫外線を浴びると肌の中のメラノサイトというメラニン色素を
作る部分が刺激され、メラニン色素が大量につくられます。
普通、メラニン色素が作られても肌の生まれ変わりのターンオーバーに
よって排出されますが、あまりにも大量のメラニン色素が作られると
ターンオーバーが追い付かずシミの原因になります。

 

紫外線を浴びることでメラニン色素が作られることと
ターンオーバーが追い付かなくなることがシミの原因です。

 

しかし、外出している以上紫外線は100%防ぐことはできません。
多くの人のシミの原因になってしまうのです。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

紫外線を全く浴びず、全てを防ぐことは難しいですが日焼け止めクリーム、
手袋、日傘、帽子などUVをカットするアイテムを使い、紫外線による
肌への影響を少しでも軽くすることができます。

 

紫外線を肌に浴びるとメラノサイトが刺激され、メラニン色素が
過剰に作られてしまいます。
そのメラニン色素が沈着するとシミの原因になるのです。

 

しかし、紫外線を浴びてもすぐにシミになることはありません。
毎日紫外線を浴びることの積み重ねがシミの原因になります。

 

日差しが弱い日や季節でも、紫外線は降り注いでいます。
毎日の紫外線対策を徹底し、効果的にUVをカットしシミの原因を
作らないようにしましょう。

 

毎日のUV対策の積み重ねで、シミを効果的に予防することができます。

 

 

シミに効く薬 ランキング