しみ ニキビ

ニキビとしみができる原因とは?

シミの原因・理由について

 

ニキビは若い世代ではもちろん、大人になってからも
多くの人が悩む肌トラブルです。
若いころの思春期ニキビ、や大人ニキビと呼ばれる吹き出物などの
種類があり、疲れが溜まっている時や体調不良のときなどに
必ずできてしまうという人もいます。

 

ニキビは目立ち、痛みもありとても嫌な肌トラブルの
ひとつですがニキビが原因になってさらに肌トラブルである
しみを増やしてしまうことがあるのを知っていますか?

 

しみの原因になげニキビが関わっているのでしょうか。
どんなメカニズムでニキビがしみに変化していくのか、

今回はこちらの記事で紹介をしています。

 

ニキビに悩んでいる方や、いつのまにかしみが増えて
困っているという方はこちらをぜひ参考にしてみてください。
美肌をめざすためのヒントになれば幸いです。

 

ニキビが原因でしみになるのはなぜ?

 

シミの原因・理由について

 

赤い色のニキビ跡

 

ニキビ跡が赤くなってしみになっている場合、ニキビが炎症して
出血するような状態になっているのが原因として考えられます。
血中に含まれるヘモグロビンという赤い成分が色素沈着し、
肌に透けてみえている状態
です。

 

赤ニキビを無理矢理潰してしまうとニキビの周りの健康な肌の
組織も一緒に破壊され、大きなニキビ跡になったり、しみとして
残ってしまうことがあります。

 

赤い炎症しているタイプのニキビ跡のしみは時間がたてば
徐々に薄くなっていき治ることが多いので、基本的に
放置し治るのを待っても問題はありません。

 

しかし、美白効果のあるビタミンC誘導体などの成分を
スキンケアに取り入れることでより早く赤み、しみを改善
させることができます。

 

茶色のニキビ跡

 

茶色く色素沈着を起こしたニキビ跡はニキビが原因のしみの
中でも最も多いタイプの種類です。
ニキビや吹き出物が炎症を起こすとメラノサイトという肌の中にある組織が
メラニン色素を作り、活性化することが原因になっています。

 

炎症が悪化すると肌の深いところまでメラニン色素が届き、
色素沈着の濃いしみとなり、しつこく肌に残ってしまうのです。

 

茶色いニキビ跡からのしみは肌に過剰に作られてしまった
メラニン色素が主な原因になっています。

 

ケアにおいては美白に効果的な美容成分を含む化粧品を使ったり、
肌のターンオーバーを速めるためにピーリングをし、新しい肌に
生まれ変わらせるケアが対策として効果的
です。

 

しみを薄くしていくには時間がかかりますが、根気よくケアを
続けることで気にならなくなっていくでしょう。

 

 

シミに効く薬 ランキング