シミ メラニン

シミの原因はメラニン色素 それを増やす行動とは?

シミの原因・理由について

 

紫外線は肌によくないというのは良く知られています。
紫外線を浴びると日焼けをしますが、それ以外にもシミを
増やすという肌トラブルがあります。

 

紫外線がなぜシミの原因になるのか、その理由は主に
メラニン色素が関わっています。

 

メラニン色素はどんなことが原因になって増えるのでしょうか?
なぜメラニン色素はシミの原因になるのか、今回はこちらの
記事で紹介したいと思います。

 

シミの対策をする上で、原因を知っておくことは効果的な
シミ対策に繋がります。
ぜひ、シミのない肌を目指すために参考にしてみてください。

 

メラニン色素とシミの原因とは?

 

シミの原因・理由について

 

メラニン色素ってなに?

 

「メラニン色素」は髪の毛や肌の色を濃くする色素物質ですが、
肌を強くし外部から加わる刺激から肌を守る大切な
役割をする物質でもあります。

 

細胞には中心に核という部分がありますが、紫外線を浴びたり
刺激は加わると皮膚ガンのリスクが高まったり、紫外線の
影響を受けてしまうので、メラニン色素を作り肌を守ります。

 

メラニン色素は肌の一番下の中にあるメラノサイトで作られています。
肌の表面に紫外線は届きますが、肌の内部、真皮まで影響を
及ぼさないようにメラニン色素によって守られているんです。

 

メラニンとシミの関係について

 

メラニン色素を増やす原因は紫外線以外にもさまざまな刺激が
原因となりますが、主に影響を与えるのは紫外線です。
紫外線が原因になっている可能性は非常に高いでしょう。

 

メラニンは色素成分で、紫外線をはじめさまざまな刺激が
影響して過剰に作られてしまいます。
ケラチノサイトというところに蓄積し、沈着することが
シミの原因になると言われています。

 

ふつう、メラニン色素は作られてもターンオーバーによって
排出されていきますが、過剰にメラニンが作られると
ターンオーバーが追い付かなくなってしまい、シミの原因になります。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

大量にメラニン色素が作られる原因には色々ありますが、
メラニン色素を増やすのを防ぐことはシミの原因を
減らすことに繋がります。

 

まず、メラニン色素を増やす原因になる紫外線、摩擦など肌に加わる
刺激を防ぐことを心がけましょう。
紫外線は一年中降り注いでいるので、UV対策は徹底するよう
心掛けていくことが大切です。

 

日焼け止めクリーム、日傘、手袋、帽子など紫外線対策グッズを
取り入れてシミの主な原因になる紫外線の影響を受けないように
対策しましょう。

 

主な原因を取り除くことで、効果的にシミを予防することができます。

 

 

シミに効く薬 ランキング