シミ 摩擦

肌への摩擦がシミの原因に!肌は優しく扱おう

シミの原因・理由について

 

肌トラブルのひとつであるシミは多くの人を悩ませています。
シミが顔にできると目立ちますし、老けた印象にしてしまうものです。
見た目年齢を若く保ち、シミのない美肌を保つために
ケアをしているのになぜかシミが増えてしまうし、改善もされないと
悩む方も多いようです。

 

シミの対策を効果的に行うには、シミの原因になっている
ことを知ることが大切でしょう。

 

シミの原因というと思い浮かぶのは紫外線、ニキビ跡
などがありますが肌への摩擦、ニキビ跡がシミの原因に
なってしまうこともあると言われています。

 

でも、なぜ肌への摩擦がシミの原因になってしまうのでしょうか。

 

肌に摩擦を与えやすい習慣にはどんなものがあるのか
今回、こちらの記事で紹介をしています。
シミを徹底的に予防したい方、なかなかシミがよくならない方は
ぜひ参考にしてみてください。

 

摩擦がなぜシミの原因に?

 

シミの原因・理由について

 

シミの原因として関係しているものはメラニン色素です。
過剰にメラニン色素が作られると肌に蓄積し、ターンオーバーが
追い付かなくなることでシミができます。

 

メラニン色素がなぜ過剰につくられるのか、その原因は
肌の外側からさまざまな刺激が加わることが挙げられます。

 

その中に紫外線もひとつの原因として挙げられますが、
摩擦も原因のひとつとして数えられます。

 

肌に摩擦が加わると肌の中にあるメラノサイトというところが
メラニン色素を作り出し、刺激が多ければ多いほど大量の
メラニン色素が発生
するのです。

 

作られ過ぎたメラニン色素はターンオーバーが追い付かなければ
肌に残って沈着し、シミの原因に
なります。

 

肌に摩擦になる習慣とは?

 

クレンジング

 

シミの原因・理由について

 

化粧をする女性は毎日の習慣としてクレンジングを行っているでしょう。
クレンジングする時にクレンジング剤が少なかったり、肌を
ゴシゴシ摩擦してしまうと刺激となってシミの原因になります。

 

肌の薄い目元は摩擦の刺激を受けやすく、シミが特に
できやすいと言われています。
アイメイクが濃いとついゴシゴシとこすって落とそうと
してしまいますが、強い摩擦の刺激になってしまうので注意
しましょう。

 

固い化粧品

 

シミの原因・理由について

 

テクスチャーの固い塗りにくい化粧品を毎日使うと摩擦による
刺激やダメージが蓄積し、シミの原因になる場合があります。
固い化粧品を伸ばそうとするときに摩擦が生まれ、肌に負担になるのです。

 

摩擦を肌に与えるテクスチャの固い化粧品はメラニン色素を
過剰に作り、シミの原因になるため、テクスチャにもこだわり
化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

シミに効く薬 ランキング