顔 シミ

顔のシミはなぜできる?理由について知り効果的な対策方法を!

シミの原因・理由について

 

シミは顔だけでなく、首や手足などいろいろなところにできます。
しかし、顔のシミができるのはどのような理由が考えられるのでしょう。
どんな対策をするのが効果的なのか、こちらの記事で紹介しています。

 

最近顔のシミが増えて困っている、原因を知りたい、効果的な
対策をしたいと考えている方はぜひ参考に読んでみて下さい。

 

顔のシミができる理由

 

シミの原因・理由について

 

紫外線

 

全身にできるシミも顔のシミができる理由も主に
紫外線が原因になっています。
紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトからメラニン色素
というものが放出されます。

 

メラニン色素は濃い色をしているので、シミ、ほくろ、
そばかすなどの原因になるものです。

 

メラニン色素は肌を守る働きがあるので、メラニン色素を
すべてなくすことはできません。
適度に放出されるくらいであれば問題もありません。

 

しかし、紫外線を浴びすぎて過剰にメラニン色素が
作られると、ターンオーバーが追い付かなくなってしまい
顔のシミとして残されてしまいます。

 

紫外線の浴びすぎ、ターンオーバーの乱れ、追い付かないなどが
理由
と言えるでしょう。

 

ターンオーバー機能の低下

 

ターンオーバーが正常な人でも、紫外線を浴びすぎると
ターンオーバーが追い付かないので顔のシミの理由に
なってしまうことがあります。

 

しかし、ターンオーバーそのものが最初から乱れていると
さらに顔のシミが増える理由になるため注意が必要です。

 

ターンオーバーは新しい細胞を表面に押し上げ、古い肌を
落とすという肌の生まれ変わりシステムです。
メラニン色素が多く作られても色素が定着する前に押し出して
しまえばシミができる理由にはなりません。

 

顔の肌はターンオーバーが美肌にとって重要なポイント。

 

ターンオーバーは睡眠不足、ストレス、女性ホルモンの乱れ、
自律神経の乱れが原因になって崩れることが
あります。

 

顔の肌のターンオーバーが乱れるとメラニン色素の処理が
滞り、色素が定着しシミができる理由になるのです。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

顔は紫外線を浴びやすく、シミができやすい場所です。
ターンオーバーの乱れが加わるとさらに顔にシミができる
理由が増えてしまいますから、規則正しい生活リズム、正しい
スキンケアでターンオーバーが乱れないように対策し、
紫外線を浴びないように日焼け対策をするのも大切です。

 

日焼け止めは季節問わず一つ持っておくようにしましょう。
夏だけ対策している方もいますが、紫外線は一年中
降り注いでいます。

 

 

シミに効く薬 ランキング