シミ 化粧品

シミは化粧品が原因で増えることがあるって本当?

シミの原因・理由について

 

シミの原因はほとんどの方は紫外線やストレス、老化などが
原因になっているとイメージすると思いますが、実はそれ以外でも
化粧品がシミの原因になっていることがある
のを知っていますか?

 

化粧品は肌を綺麗に見せるために使っているのに、シミの
原因になることがあるなんてショックな情報ですよね。

 

全ての化粧品がシミの原因になるというわけでは
ありませんが、どのような化粧品が染みの原因になってしまうのでしょうか。

 

逆に、どんな化粧品がシミの対策に効果があるのでしょう。
今回、こちらの記事ではそのような点について紹介しています。

 

毎日使う化粧品がシミの原因になっているのか心配だという方は
ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

シミの原因になる化粧品は?

 

シミの原因・理由について

 

使用期限の過ぎた古い化粧品

 

中古の古い化粧品や人からもらった化粧品を使っている場合や
まだ残っているからとずっと同じ化粧品を使っている、ワンシーズン
前の古い化粧品を使っている方は要注意です。

 

化粧品の多くは油分が含まれ、その油分が古くなって酸化します。
使いかけのままだと雑菌も繁殖し、それが肌に刺激や負担に
なってメラニン色素を増やす原因や、肌を痛める原因に
なるのです。

 

肌への刺激はシミの原因になりやすいと言われています。

 

紫外線吸収剤は肌の負担になる

 

シミの原因・理由について

 

日焼け止めによく使用されている紫外線吸収剤は肌への
刺激になることが心配されています。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、放出することで肌に紫外線の
影響を通さないようにする働きがあります。

 

一度紫外線を吸収するので肌への影響、シミの原因が心配ですが
紫外線を吸収剤は紫外線を強力に防ぐ効果があるので
紫外線による影響がシミの原因になることはあまりありません。

 

おすすめの化粧品

 

シミの原因・理由について

 

化粧品がシミの原因にならないようにするためには、自分の肌に
合う化粧品を使うことや古い化粧品を使わないことです。
そして、肌への摩擦や刺激が少なく柔らかいテクスチャーのもの、
肌につけやすいものを選ぶことが大切です。

 

化粧品に美白成分を配合している化粧品はメラニン色素の
生成を抑える働きがあります。
毎日使用する化粧品は肌に刺激や負担になってシミの原因に
なる可能性が高いものです。

 

シミの原因を作らないためにも使う化粧品には十分気を付け、
化粧品はシミを予防できるような効果があるものを選ぶのを
おすすめします。

 

敏感肌の方は敏感肌用のマイルドな化粧品を選び、余計な
刺激が加わらないよう慎重に肌に合う化粧品を選んで下さい。

 

 

シミに効く薬 ランキング