背中 シミ

背中のシミの理由とは?対策するにはどうしたらいい?

シミの原因・理由について

 

首や顔などの人目につきやすい部分のシミも気になりますが、
背中のシミも意外と気にしている方が多いですよね。
背中を自分で見ることはあまりありませんが、シミがいつ
できているのか分からないので、理由もわからないのに対策を
しづらい!というのが厄介ですよね。

 

気付いたら背中のシミがいくつもできていたりすると
本当にショックなものです。

 

背中は人に普段見せるところでもありませんが、プール、温泉、
海に行く時などは気になりますよね。
背中のシミはなぜできてしまうのでしょうか。

 

背中のシミ対策をするには、まず背中のシミができる
理由について知る必要があります。

 

どのような理由で背中のシミができ、どんなタイミングで
できやすいのでしょうか?

 

背中のシミができる理由とは?

 

シミの原因・理由について

 

紫外線

 

首や顔などのシミができる理由と同じで、背中のシミも
主な原因は紫外線です。
肌を守るためにメラニン色素は必要ですが、過剰に作られると
ターンオーバーが追い付かなくなって色素が定着し、
背中のシミの理由になります。

 

背中のシミは小さな花のような形をしていて、光線花弁状色素班という
シミの名前で呼ばれる種類のシミです。
背中に強い紫外線を浴びると数か月後になってできやすい
と言われています。

 

背中を露出して紫外線を長時間浴びると、水ぶくれになることが
あります。水ぶくれの跡が数か月後に背中のシミの理由になるのです。

 

癜風(でんぶう)

 

癜風菌が肌に侵入することで茶色いシミのようなできものができます。
普通のシミよりも早く大きくなるのが特徴で、皮膚の炎症のひとつです。

 

背中のシミを対策するには

 

シミの原因・理由について

 

背中のシミは菌が原因になって起こるものもありますが、ほとんどが
紫外線を浴びたことが原因の紫外線が理由になっているシミです。
手が届きにくい背中ですが、他の人に手伝ってもらいながら
ちゃんと背中にも日焼け止めを塗り、紫外線対策をしましょう。

 

紫外線を浴びすぎた場合はターンオーバーを促すビタミンCなどの
美白成分を摂取し、背中にシミが残らないように対策するのもおすすめです。

 

特に、プールや海が好きな人は紫外線対策を徹底しましょう。
水にぬれたり汗をかくとだんだん日焼け止めは落ちてきます。
こまめに塗り直したり、休憩中は日が当たる場所ではなく日陰に
移動するなどして紫外線の肌への影響を少しでも少なくするように
工夫をしてください。

 

少しの心がけでも高い効果に期待することができますよ。
ぜひお試しください。

 

 

シミに効く薬 ランキング